Attraction ルートイングループで働く魅力

打ち合わせの写真打ち合わせの写真

キャリアプラン

活躍のステージは多彩

ルートイングループでは、ふたつのキャリアコースが用意されています。ひとつはホテルを中心に店舗で活躍する店舗マネジメント、もう一つは専門部署で管理職を目指す本部スタッフのコースです。店舗では接客のプロとなり、マネージャーからステップアップし、最終的には総支配人として力を発揮してください。アルバイトから始めて社員になり、上を目指す人もいます。一方、本部スタッフのコースは経理、営業、店舗開発、設計などの専門職としてそれぞれのステージで活躍できます。皆さんの夢をかなえるキャリアアップへの道は、5つの制度でしっかりサポート。年代やキャリア毎の社内研修、資格取得支援、やりたい仕事に手を挙げられる社内公募などで皆さんのやる気に応えます。

またルートイングループでは、ホテル業界で初の「えるぼしマーク」を取得。これは厚生労働省が“女性活躍推進法”に基づき、女性が活躍する優良企業を認定するもので、最上位の3つ星を獲得しました。今後もより一層、女性が活躍できる環境づくりに邁進していきます。

えるぼしマーク

働く場所はライフスタイルに応じて

日本国内に留まらず海外にも展開するルートイングループ。従業員は広域職と地域職のどちらかを選択します。広域職は平均で2~3年に一度の転勤があり、海外勤務の可能性も。引越しなどは大変ですが、各地の色々な文化や生活、人を知ることは人生に豊かさをもたらすでしょう。一方、年齢を重ねたり、ライフスタイルが変わったりで異動が難しくなったり、地元を離れたくないという人は地域職を選べます。希望地は半年ごとに出せるので、若いときは全国を渡り歩き、ライフスタイルの変化に合わせ選択し直すこともできるのです。

キャリアプランキャリアプラン

ルートイングループの求人一覧をみる

ホテルラウンジホテルラウンジ

モチベーションの秘密

大幅に売上を伸ばし、スタッフも増員

2010年は、ホテル数241施設、スタッフ8,768名でした。そこから売上増とホテルの新規オープンが続き、2016年には海外進出がスタート。その後も国内外に続々とオープンし、2019年はホテル数300施設を達成。2025年のホテル500施設突破を目指し、2020年現在、スタッフは16,040名に増え、さらなる躍進を続けています。
ルートイングループは創業時から変わらず、利益のみを追求することのない、思いやりの経営を貫いています。ホテルチェーングループでトップのホテル数となっても、世界に進出しても、そこで目指すものは“おもてなしのこころ”を届けるホテルであること。それはお客様に対してだけでなく、従業員に対しても同じです。これからも変わらず誠実に思いやりをもって、従業員はじめ皆さまのために、着実に道を築いていくつもりです。

若手社員の写真

ルートイングループの求人一覧をみる

Introduction ルートイングループのCSR活動

外観1 外観1
外観2 外観2
外観3 外観3
外観4 外観4

CSR

CSR活動で社会や社員に貢献

ルートイングループではさまざまなCSR活動を行っています。スポーツではJリーグのトップパートナー契約にはじまり、プロ野球チームへの協賛、ルートイングループ女子陸上部の設立、さらにV1リーグを目指し、女子バレーチーム“ブリリアント アリーズ”を創部。

マラソンの写真

そのほか新日本フィルハーモニー交響楽団や信州国際音楽村の協賛など音楽の部門で、また進学支援基金、長野飛び立て若者奨学金など子どものためのサポートにも注力しています。その活動には社会貢献や地域貢献の意味はもちろん、従業員が誇りをもてる企業でありたいという想いもあるのです。

ブリリアントアリーズ

ルートイングループの求人一覧をみる

TOP